医療法人 岡南産婦人科医院
所在地 〒702-8043
岡山県岡山市南区平福2-6-43
【→MAP】
TEL 086-264-3366
FAX 086-264-3376
E-mail kohnan@va.u-netsurf.jp
沿革 昭和57年 開院
平成08年 大がかりなリフォーム
平成17年 増築
平成22年 増改築


【理事長・院長】 高知 利勝(医学博士)
岡山大学医学部卒業、岡山赤十字病院、広島中電病院などを経て、平成3年岡南産婦人科医院勤務、現在に至る。
・日本産婦人科学会認定医
・日本超音波学会会員
・日本不妊学会会員

【執 筆】 ・山陽新聞『レディア・ホームドクター』のQ&Aコーナー
当院院長が読者の方の疑問にお答えしております。(3ヶ月1回程度)>>HPはこちら
・山陽放送「イブニング5時」の中の「おぎゃっとベイビー大きくな〜れ」のコーナーでメッセージを担当

昭和57年に岡山市の岡南地区に開院しました岡南産婦人科も、皆様のおかげで30年以上が経ちました。その間三回の増改築を行い、平成22年10月に3階建ての新館を増設いたしました。平成27年4月に他界いたしました父である会長の「安産」すなわち安全なお産を目指して、スタッフ一同力を合わせて頑張っています。当院はお産については、なるべく自然分娩をとっています。お産をお母さんと赤ちゃんとによる共同作業ととらえて痛みを乗り越えるソフロロジー式分娩を取り入れています。ソフロロジー式分娩は無痛分娩と違って機械的な操作を加えない分、より安全でかつ痛みを乗り越えて出産された喜びは忘れられないものとなります。また、自由な体位でのお産をめざしています。私たちは皆様の希望される体位でお産をされ、皆さんが安心して出産していただけるよう全力でお力添えしていきたいと思っています。また、平成22年より小児科を新設し、国立病院より遠藤先生が来られ現在月、水、金の診察(乳児健診と新生児健診ならびに予防接種)と帝王切開の立会い、入院中の新生児の管理などを行ってもらっています。その意味では安心して出産に臨んでいただけるものと思っています。当院は皆様が安心して気軽に来ていただける様な家庭的な病院をめざして頑張っています。どうぞお気軽にお出でください。

【小児科医長】 遠藤 志朋
山口大学 医学部 卒業
国立病院機構岡山医療センター小児科・新生児科 勤務の後
H22年4月から当院勤務 3児の母


乳児健診と新生児健診(体重や黄疸のチェック)を中心に行っています。 待ち時間を少なく、ゆっくりとお話が聞けるよう完全予約制にさせて頂いています。 赤ちゃんのことや母乳に関する悩みなど、どうぞお気軽にお尋ね下さい。お母さんをはじめ、ご家族の皆さんと一緒に、子育てについて考えていけたらと思っています。より楽しく、明るい子育てができたら素敵ですよね。
小川女医
山下女医【産婦人科医長】 山下 聡美
川崎医科大学 医学部 卒業
川崎医科大学付属病院、国立病院機構 岡山医療センター 勤務の後
H31年4月から当院勤務 2児の母


産科診療と婦人科診療を行っています。 安全な医療を第一に考え、日々診療させて頂いています。そのうえで女性ならではの立場から、皆様の思いに寄り添った医療を提供できればと思っています。妊婦健診、不妊のご相談、がん検診、感染症、その他婦人科診療も行っています。産婦人科受診は抵抗があると思われる方も多いですが、まずはご相談にいらして下さい。

【師 長】 三宅 恵子
女性にとって、妊娠・出産・育児は大変ですが、とても喜びの大きな出来事です。そうしたことに対して少しでもお役に立つことができればと思っています。“安全・安心”であることはもちろん、患者様やご家族にとって、私達医療者がより身近な存在になればと考えています。何かあれば当院に寄って頂けるような地域医療の中心核となれるような病院でありたいと職員一同頑張っています。 増改築後は、待合室も病室も以前より広く、またご家族とゆっくりして頂ける食堂やテラス、明るく広い新生児室など…ぜひ一度お立ち寄り頂ければと思います。 マンパワーそしてハード面と充実してきましたが、これからはソフト面をさらに充実させ“優しさと”思いやりの医療“を実践するよう、ますます努力していきたいと考えております。 『たくさんの笑顔に出会うために』

【師長代理】 山本 仁美

皆様、こんにちは。 当院は12名の助産師が勤務しています。この数は他院には負けておりません。そして、各々お産に対する情熱も強く、お一人お一人のお産に丁寧に向き合っています。 又、職場は明るく、スタッフもユニークです。よく患者様や御家族の方から「明るい雰囲気で好感を持てる」「よくしてもらった」等、お褒めの言葉も頂いています。 さて、当院ではソフロロジー式分娩法を取り入れています。妊娠中から繰り返し行うイメージトレーニングで出産をポジティブにとらえ、リラックスと呼吸法で陣痛の痛みを軽減するというものです。お産は女性の一大イベントです。私達と一緒に心に残るお産を体験しませんか?スタッフ一同心よりお待ちしております。

【助産長】 福安 恵子

皆様こんにちは。 新しい生命の誕生から、妊娠、出産と育児、そして更年期など皆様方の大きな節目に産婦人科スタッフの私達はかかわらせて頂いています。皆様方が健康で楽しく毎日が過ごせるよう、必要な時には傍らで手助けさせて頂き、また大切な命の誕生の場面では一緒に喜べるような、そんな存在になれれば良いなと思っています。来院された時には、気軽にスタッフに声をかけてください。一同心よりお待ちしております。

【事務長】 田原 孝二

昭和57年4月1日、岡山市街地の岡南地区、旭川よりに住宅街として発展している当地に鉄筋コンクリート造り2階建ての産婦人科診療所を建設、15名のスタッフで開院致しました。 以来、岡山中心部よりの交通アクセスも充実し、周辺環境整備も整ったことから、当院の患者数も年追う毎に順調に増加してまいりました。 そして、時代の流れか核家族化が進み子供同伴での入院希望などニーズの多様化に対応するため、4度に亘る増改築およびリフォームを行い、平成22年10月、3階建て病棟が完成し、患者様のご要望に答えられる体制作りが出来ました。今ではスタッフも50名を超え全員が「優しさのある温かい病院」として皆様に喜んでいただけるよう日々努力しております。どうぞ気軽にご来院下さい。